リストラされた主人がうつ病の疑惑?チェックすべき症状

うつ病ってなに?

【うつ病ってなに?】
日本国内では、国民病になりつつ有る精神障害の1つです。
発症する人は年々増加の傾向にあると言われ、現在ではじつに100万人を超す病気になっています。
精神病には色々な病気があり全体では320万人と言われるので、いかにこの病気を発症する人が多いかが分かります。
なので、誰の身近でも起こる可能性が高い病気と考えられているので、いずれあなたも発症する可能性は十分に考えられます。
"こころの風邪"と表現される位なので精神に不具合を来す病気と思われがちですが、からだに現れる事も特徴です。
また、男性に比べ女性の数が2倍も多いので女性がかかりやすいのも特徴とされています。

【どんな症状を起こすの?】
■精神症状
・抑うつ状態
・意欲あるいは関心の低価格
・思考力の低下
抑うつ状態は特に朝が一番辛いと言われており、気分の落ち込みや悲観的になる、憂鬱な状態が続く、希望を見失うなどが特徴になり、人の最も活発に活動する朝から日中にかけて酷くなるので生活に支障が出る様になります。
意欲や関心の低下とは、誰にでも興味の有ることや趣味を持っていますよね。
うつ病になるとこういった事に一切の関心を示さなくなり、行動もどこか意欲的では無くなってしまいます。
思考力の低下は、集中力がまったく無くなってしまったり、ほんの些細な事でも判断が出来なくなるので、端から見ると優柔不断の様にも見えます。

■からだへ起こる症状
・食欲の低下あるいは増加
・睡眠障害
・疲労感や倦怠感
・ホルモン異常
・その他(頭痛や動悸、便秘など人によって様々)
「好きな食べ物」や「美味しいものを食べたい」などの欲求が無くなってしまうので、何も口にしなくなり体重が減少する一方で甘い物を異常に欲しがる様になり急激に体重が増加する事などが有ります。
また不眠症を起こし入眠障害と呼ばれる寝付きが悪くなる事が多く、眠気が翌日に繰り越されるので辛いと感じる様になります。
何もしていなくても疲れがあったり、からだが怠いなどを感じるので毎日疲れが抜けていない様に感じたり、ホルモンの異常によって生理トラブルや男性はEDなどを発症することも有ります。
うつ病かどうかを本人でもチェックすることは出来ますが、やはり自分の事となると私情を挟みがちなので医師に相談することが良いかも知れないです。
また、周囲や家族が少しでも本人がおかしいと感じるのであれば小まめにチェックする事で発見を早める事が出来る可能性も十分にあります。
変化をチェックして見逃さない事で早期治療をはじめる事が出来れば回復も早いはずです。
うつ病診断で今すぐ症状をチェック|こころなび